よくある質問(FAQ)

よくいただくご質問とその答えをまとめました。

法的にはどのような組織なの?

法的には農事組合法人で、原則としてメンバーはその組合員になります。ただし、法人とメンバーとの間に雇用契約はなく、全員が独立した個人として運営に関わります。

メンバーになる条件があるの?

ファミリーの一員となるにあたっては、収入や資産、職業、資格、国籍、性別、年齢、扶養家族の有無、宗教などは一切問いません。人や自然と調和して生活し、調和の中で与えられる役割をすすんで果たしていく意思のある人であれば、どんな人でも歓迎しています。なお、メンバーになるためのプロセスについては、別ページで説明しています。メンバーになるには

役割分担はどうしているの?

それぞれの特技やそのときの状況によって、全体の協議のもとで柔軟に対応しています。各自が全体に対する役割を自覚し、自発的に役割を果たしていくように心がけています。

収入はどのように得ているの?

個人単位ではなく、ファミリー全体で収入を得ています。現在の主な収入源は、有機農業の生産物およびその加工品です。そのほか、訪問者の宿泊代や講演料などでも収入を得ています。

収入はどのように分配するの?

農事組合法人の決算に基づいて組合員であるメンバーに配当金が支払われます。配当は労働の多少や役割の違いなどは考慮せず、全員に平等に行われます。配当金はメンバーの事業収入となり、それぞれが個人事業主として納税します。

生活費はどうしているの?

前述のとおり分配された所得から、全員が一律に年間の生活費(2011年度は24万円)を拠出します。この金額で、税や保険、教育費などを含むファミリー全体の生活費一切をまかなっています。いわば、ファミリー全員が「ひとつの財布」で生活しています。

財産は誰のものになるの?

個人の資産はあくまで個人が管理していますが、ファミリーでは全員が個人の資産も含めたあらゆる資産をファミリーの共有物として認識しています。制度による強制的な拠出などに一切頼ることなく、互いへの善意と信頼による共有が行われています。