最新ニュース

木の花ファミリー通信最新号は「死ぬってどういうこと?」

木の花ファミリー通信2018年春分号が
発行されました!

ファミリー通信93-1

21世紀の死生観 第一部
「死ぬってどういうこと?」

年4回発行の木の花ファミリー通信の春分号が発行されました。今号より、シリーズで「21世紀の死生観」をお届けします。第一部は、「死ぬってどういうこと?」
私たち人間は、数え切れないほどの生死をくり返しています。にもかかわらず、未だに「死」とは何であるかが曖昧なままなのです。そして死が何であるかがわからないまま、多くの人はそのよくわからない死を漠然と恐れています。しかしどんなに恐れても、生きている限り、必ず死はやって来ます。そして死を曖昧にしたままでいるということは、生きることについても曖昧なまま、生きているということなのです。
死生観は人類の根源的なテーマです。私たちが出会う問題ごとのすべては、私たちが生きていることによって生まれます。けれども私たちは生きることを曖昧にしたまま、ずっとその問題ごとを抱え続けています。人はなぜ生まれ、なぜ生き、なぜ死ぬのか。この生命の仕組みを知った時、私たちは生きることの本当の意味を知り、真に豊かな人生を生きることになるのです。
 
*下記をクリックすると、全文を無料でダウンロードしてご覧いただけます。
ダウンロード(pdf | 4 MB)

木の花ファミリー通信は、春分、夏至、秋分、冬至の年4回発行しています。無料のメールマガジン版も配信しておりますので、ご希望の方は下記リンク先よりお申し込みください。メールマガジンでは、各種イベントのご案内などもお届けしています。
また、印刷したものをご自身のお店などに置いて配布してくださる方も大募集しています。郵送にて必要な部数をお送りいたしますので、どうぞお気軽にご連絡ください。
 →「木の花ファミリー通信・メールマガジン版」配信のお申込みはこちら
 → 配布用の木の花ファミリー通信をご希望の方は下記アドレスへご連絡ください。
  event★konohana-family.org
(★を@に変えてください)

*木の花ファミリー通信のバックナンバーはこちら

 

投稿日: 2018/03/21 | 投稿者: | 0件のコメント

コメントをどうぞ