最新ニュース

メンバーひとりひとりの声をお聞きください

先週発売の週刊文春に『富士山麓発 黒いビッグダディ 100人の奇妙な大家族』と題された木の花ファミリーについての記事が掲載されて以来、たくさんの方々にご心配をいただきました。こちらでは、この件を通して皆で学びを深めながら、これまでと変わることのない穏やかな日常を過ごしています。お気遣いをいただいた皆さま、本当にありがとうございます。

さて、そんな中、友人からの「ファミリーのみんなは今、どう思ってるの?」という声をきっかけに、メンバー一人ひとりが今の想いを言葉にしました!

記事の中では、いさどん以外のメンバーの写真はみんな顔にぼかしがかかっており(木の花が出版した本の表紙の写真まで!)誰が誰だかわからないようになっています。けれども、私たちは何も隠すようなことはありません。下記のブログでは、メンバー全員が顔写真とともに、それぞれの想うことを述べています。
雑誌の世界も、顔をぼかすという表面的な配慮をしながら一方的な見解で物事をセンセーショナルに書き立てるのではなく、多角的な視点から真実を伝えていくようになるといいな、と思っています。

それでは、メンバー一人ひとりの声をどうぞお聞きください!
  
木の花ファミリーブログ
「週刊文春掲載を経て、今思うこと」

オフィス/デザインチーム編

キッチンスタッフ編

畑/田んぼ隊編

センター/子育てチーム編

建築/糀/養蜂/養鶏/大町編

にちわ&ゼンより
  木の花生まれの15歳・にちわと、アメリカの大学院生・ゼンからのメッセージ
  
  
また、木の花ファミリーでは、下記の日程にてイベントを開催します。

「記事に書いてあったことって本当なの?」「マインドコントロールされているのでは」
「木の花ファミリーっていったい何?」

そんな様々な疑問にお答えします。

私たちは、「木の花ファミリー」を広めようとして、この暮らしをしているのではありません。
伝えたいのはこの暮らしの奥にある「こころ」であり、それが私たち人間にとって大切だと思うから、そしてこれからの時代にきっと必要とされてくると思うから、この生き方を選んでいます。
それは木の花ファミリーだけではなく、誰しもの中に眠っているものです。

それが何であるかを知りたい方は、一方的な情報で物事を決めつけるのではなく、どうかご自身の目で見て、耳で聞いて、心で感じてみてください。
以下のイベントにて、みなさんとその「こころ」を分かち合えることを楽しみにしています。
  

6月14日(土)・15日(日)
木の花塾「宇宙おじさんの真学校」
テーマ:直感を磨こう

人間には誰しも、個人の枠を超えて宇宙の流れとつながる「直感力」がそなわっています。しかし長い間その直感力は忘れ去られ、個人の思考のもとに今の社会が築かれてきました。
その社会が大きな行き詰まりを迎えている今、なぜ直感力が必要なのか。皆が楽しく、生き生きと、調和して生きる新しい社会を切り開く鍵を見つけてみませんか。

*詳細はこちら
  

7月5日(土)
出張木の花塾@東京・代々木八幡
テーマ:宇宙視点から見る男女関係と性

まさしく今、雑誌などで話題になっている木の花ファミリーの事例をもとに、人間にとって性とは何かという根源的なテーマを探求します。
長い人類の歴史の中で、男女の在り方はどのように変化してきたのか。私たちが今当たり前に思っている価値観が、私たち自身をどのような状態にしているのか。
性なくして、人はこの世に生を授かることはありません。性のあり方に向き合うということは、私たち人類がこの地上に生きる意味を知ることにもなるのです。

*詳細はこちら
   

ご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
電話:0544-66-0250(担当:ともこ)
メール:event★konohana-family.org
(★を@に置き換えてください)
  
  

投稿日: 2014/06/07 | 投稿者: | 0件のコメント

コメントをどうぞ