最新ニュース

中国のエコビレッジ「生命禅院」と一つの家族になりました

本日は、みなさんにビッグニュースがあります!!

2013年11月より、木の花ファミリーは、中国のエコビレッジである
「生命禅院 第二の家」と国境を超えた一つの大家族となりました!

大使として訪問したみちよちゃん(中央)を歓迎する「生命禅院 第二の家」第4支部のみなさん

木の花を代表して訪問したみちよちゃん(中央)を歓迎する「生命禅院 第二の家」第4支部のみなさん

「生命禅院 第二の家」は、中国・雲南省に3つの支部を持つエコビレッジです。2009年5月に設立され、現在は約150名の人々が暮らしています。

生命禅院 第二の家 ホームページ

交流の架け橋第1号のアイリェン

架け橋第1号のアイリェン

木の花ファミリーと生命禅院の交流は、今年の春から始まりました。ファミリーメンバーの道代ちゃん(グローバル・エコビレッジ・ネットワーク理事/アジア・オセアニア地区代表)がインターネットで生命禅院のホームページを見て、その価値観が木の花ファミリーと共通していることに驚き、連絡を取ったところ、なんと時を同じくして生命禅院の側でもインターネットで木の花ファミリーを見つけて連絡を取ろうとしていたのでした。

シェ・ファン氏と道代ちゃん

シェ・ファン氏と道代ちゃん

そこから、国境を超えた2つのコミュニティの交流が始まります。
7月に生命禅院からの訪問第1号として国際交流担当のアイリェンが木の花を訪れ、1ヶ月半の滞在を通して二つのコミュニティに深く共通する精神性を確認し合い、11月には道代ちゃんが木の花を代表して生命禅院を訪れました。そして、生命禅院の精神的リーダーであるシェ・ファン氏と対談を重ねた結果、全世界へ向けて、以下の共同声明を発表するに到りました!
 
 
■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

中国の「生命禅院第二の家」と日本の「木の花ファミリー」からの共同声明

中国に発祥したエコビレッジである「生命禅院 第二の家(以下、生命禅院)」と、日本に発祥したエコビレッジである「木の花ファミリー」は、2013年7月より開始された使節の相互派遣等の交流を経て、以下の合意に達し、ここに共同声明を発表します。

生命禅院と木の花ファミリーは2013年11月11日をもって統合し、民族的な兄弟である東アジア諸国の融和の象徴として、一つの大家族となります。生命禅院は木の花ファミリーの中国支部となり、木の花ファミリーは生命禅院の第5支部となります。今後、この大家族に関連する事柄については、生命禅院および木の花ファミリーの全メンバー間で協議されることになります。

この大家族の中心となる価値は、大いなる存在、命、自然を敬い、人類、自然、社会が調和の中に共存することが出来るありかたを創造し、人類のモデルとなることです。私たちは、エコロジカルな文明の構築と持続可能な暮らし方の観点において新たな道を追求します。この大家族の特徴は、文明的に進んだ完全なる共同の生き方です。

「畑を耕す前に、心を耕せ」。大家族が最優先に掲げているのは、各メンバーの魂を浄化し、きれいにすることと、高いレベルの自給自足と持続可能な生き方を達成することです。私たちは、国連の憲章に定められている全ての条項と法律、それぞれの国の憲法と法律を遵守します。また、中央政府とそれぞれの国家元首に敬意を払います。私たちが第一に注力する対象は、それぞれの国ではなく、人類全体です。世界中に何千とあるコミュニティを一つの大きな国際家族として統合し、最終的に、「一つの世界、一つの家族」という理想の実現に向けて、努めて参ります。

私たちは人類の念願であるこの理想に向かって、大いなる一歩を記すことを全世界に宣言します。

 

生命禅院 木の花ファミリー 共同声明

生命禅院  木の花ファミリー  共同声明

 
■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■
 
  
今現在、様々な困難を抱えている日中関係ですが、この宣言を、東アジア、そして世界全体の
真の平和に向けた大きな一歩として、これからも歩み続けたいと思います。
 
 

投稿日: 2013/12/04 | 投稿者: | 2件のコメント

コメント

  • 投稿者: もとやん | 投稿日: 2013/12/08

    すばらしい。
    こういうことが連なって世界が一つになっていくのですね。

  • 投稿者: ともこ | 投稿日: 2013/12/08

    もとやん
    ともに一つになってゆこうね!

コメントをどうぞ