最新ニュース

地球に祈りのウェーブを起こそう 〜 マヤ新年11MENの祭典

2015年7月26日、
新たな時代の幕を開ける祈りのウェーブを
地球上に起こしませんか ――――

131112-010759
 
昨年7月26日、木の花ファミリーにて、メキシコの太陽マヤ族の2014年の新年である“10OC”を祝う祭典が行われました。
これは、太陽マヤ族最高司祭である尊母ナー・キン氏が「富士山は世界の中でも最も高い次元のために開かれたスペースであり、宇宙の中心とのコミュニケーションが図られる場」とのインスピレーションを得たことにより、ナー・キン氏を始めとする太陽マヤ族の方々が木の花ファミリーを訪れ、木の花の宮ノ下広場にて両国の伝統が融合した盛大な祭典が開催されたのでした。同時に、木の花と富士山を挟んで反対側に位置する不二阿祖山太神宮、そしてこの祭典に賛同する日本各地の方々からも富士山へ向かって祈りが捧げられ、その祈りが大きな力となって、富士山をアンテナとして世界へ愛のエネルギーが発信されたのです。
 
140726-104607-480x320140726-113450
★140726-111800140726-114606
140726-1106371

*祭典のようすについては、下記のブログをご覧ください。
 分離から統合の時代へ 〜 マヤ新年10OCの祭典

 
そして2015年のマヤ新年である“11MEN”を祝う場として選ばれたのは、イタリアのドロミティです。

北イタリアに位置するドロミティ

北イタリアに位置するドロミティ

尊母ナー・キン氏は、天体的に新たな時代へ入った今、私たちの無限の可能性を開く時が来ている、と語ります。これまでその可能性を阻んできたのは私たち自身の制限された思考であり、それを解き放つことで、時空を超越した光の存在として、私たちは並外れたパワーを発揮していくことができる。そのための祈りの祭典が、ドロミティにて、7月23日からスタートします。
 
この太陽マヤ族の活動に共鳴し、木の花ファミリーでは、マヤ新年としてもっともパワフルな式典が行われる7月26日、地球の反対側である富士山麓より祈りを捧げる式典を行います。
同じように、この活動に共鳴されるみなさんも、それぞれの地から、共に祈りを捧げませんか。

 
この世界は、私たち一人ひとりの想いから生まれています。
ただ祈る。そのことにどれほどの力があるのかを、目に見えるものだけを追い求めてきた現代社会の私たちは、忘れてしまっているのかもしれません。しかし、地球上で人々が祈る時、それは確実に大きなうねりとなって、変容のエネルギーを地上にもたらすのです。

行き詰まった世界の中で、新たな時代の幕開けのために、共に祈りましょう。
ドロミティでのセレモニーは、27日、現地時間の午前10時より始まります。木の花ファミリーも、同日の日本時間午前10時より式典を開始します。地球が自転し、各地が順々に朝を迎えるように、世界中のそれぞれの地で午前10時に祈りが捧げられる時、地球上に祈りのウェーブが巻き起こります。

木の花ファミリーでは、グローバル・エコビレッジ・ネットワークの前理事であるみちよちゃん、そしてこれまでにファミリーと交流のあった世界各地の人々のネットワークを使い、世界中の人々へ、祈りを呼びかけます。太陽マヤ族は、世界に15の聖なる山があることを伝えています(末尾に詳細を記載しています)。その中の一つにイタリアのドロミティがあり、そしてまた、日本の富士山があります。日本の皆さん、どうぞ日本時間の午前10時に富士山に向かって祈り、宇宙のエネルギーを感じてみてください。

人類の誕生より、古代、中世、近世、そして産業革命に始まる近代へと向かう時の流れの中で、人類は世界大戦や経済戦争へと突き進む時代の波に飲み込まれ、翻弄されてきました。翻弄されながらも、今なおこれまでと同じ価値観の延長線上に幸せを見出そうとしています。
けれども、この大いなる時代の流れの奥にあるひとつの“意志”に目覚めた時、私たち人類は、ただ時代に翻弄される存在から、時を読み、その流れと共に新たな時代を創造していく存在へと変化することができるのです。
この祈りのウェーブは、新しい時代の扉を開く、人類の意思表示でもあるのです。

 

どうぞ皆さま、共にお祈りください。

 

木の花ファミリーの式典へのご参加も歓迎しています。

昨年の式典より

昨年の式典より

【日時】
7月26日(日) 午前10時〜午後11時頃

【会場】
木の花ファミリー 宮ノ下広場
こちらのページの地図をご覧ください。

【参加費】
無料
*宿泊やお食事をご希望の場合は、
 別途料金をいただきます。

【お申込み・お問合せ】
下記連絡先までお気軽にご連絡ください。
電話:0544-66-0250(担当:永山)
メール:booking★konohana-family.org (★を@に変えてください。)

 

以下は、太陽マヤ族からのメッセージです。
 
■     ■     ■
 
マヤの新年である11MENの封印が開かれることは、わたしたちの意識に革命をもたらし、わたしたちの基本的な信念を根底から転換させることを可能にします。その結果、広大な次元においてわたしたちの存在そのものを体験しうる新たな驚くべき可能性が開かれるのです。

MENの象形文字は鷲であり、より高い周波数でその勝利の翼を開きます。その堂々とした飛行は、わたしたちが崇高な領域と交信することを可能にし、そこでのわたしたちは非常に力強く、極めて輝かしく、美徳に満ち、正直で、賢く、創造的な存在なのです。

わたしたちは天体的に新たな時代に入り、可能性は益々広がっています。制限された世界の中でわたしたちを妨害してきた間違った信念を、わたしたちは後に残してきたのです。そして今、鷲はわたしたちがいのちを理解する能力において、飛び立ち、更に高く飛んでいくことを教えてくれるのです。わたしたちを十分に開花させる新たな次元の知識と、究極の・見事で・包括的であり・充実し・統合された世界を創造するための扉をわたしたちは探求しているのです 。

地球という惑星にこの変容のエネルギーの到来を受け取るヴォルテックス(渦)として選ばれた場所は、ドロミティという岩山です。そこは、崇高な領域と交信するために最高位の意識が開花する、魅惑的な伝説に満ちた西ヨーロッパに位置する素晴らしい場所です。

そこは、生命が永久であると感じる場です。

そして、宇宙の偉大さが地球上で体験されるのです。

ドロミティは、自分自身やまわりにある世界・宇宙に対するビジョンを完全に再構築するために、生命がその並みはずれた才能と再結合する特別な場なのです。

尊母ナー・キン氏

尊母ナー・キン氏

太陽マヤ族伝統は、そのスピリチュアル・リーダーである尊母ナー・キンの偉大なる意識を通して、ドロミティが精妙な世界と類まれな純粋さへの意識の拡大をより可能にし、不足、苦しみ、あるいはネガティブな想いの内に閉じ込められた劣等感という制限されたバリアの解除を手助けすることが可能である地球上の場であることに共鳴してきました。

ドロミティに息づくパワフルでスピリチュアルなエネルギーの優美な雰囲気の中で、わたしたちは過去の観念的な制限を打ち破り、創造神として、時空を超越した光の存在として、わたしたちの並みはずれたパワーを認識できる優れた精神状態の精妙な世界の中で立ち上がることができるでしょう。

緑の草原と湖の穏やかな水の間で雄大に険しい峰々がそびえ立っており、平穏で調和かつ平和な雰囲気に囲まれたとき、それは神へと上昇していく意識に似ているのです。

わたしたちは、統合された脳の創造を通して制限された思考を解き放ち、優れた意識を拡大するため、尊母ナー・キンの教えと共に7月23日から開始されるマヤの新年11MENのスタートを祝います。

7月24日と25日、新たな象形文字をもたらす聖なるマヤの知識とともに充実したプログラムをわたしたちは展開する予定です。活性化、ヒーリング、伝授、そして様々な実践が提供されます。7月26日は、マヤの新年11MENの日であり、パワフルな式典がドロミティの魅惑的な場所で開催される予定です。
 
The entrance of 11 MEN seal allows us to revolutionize our consciousness, transforming from the root our basic beliefs and, consequently, making us able to open ourselves to new and extraordinary possibilities where our being experiences itself in a vast dimension.
The MEN glyph is the EAGLE, which opens its victorious wings in the higher frequencies. Its majestic flight allows us to commune with the sublime spheres, where we are infinitely powerful, extraordinarily bright, full of virtues, honest, wise and creative.
We are entering a New Planetarium Time, increasingly richer in possibilities; we have left behind the false beliefs that had us hindered in a limiting world. Now the EAGLE teaches us to take off and flight, to go higher and higher in our ability to understand life. We are in pursuit of new dimensions of knowledge, which open us wide, the doors to create a supreme, wonderful, whole encompassing, full and integrated world.

The space that has been chosen as the Vortex which receives the arrival of this transformative energy to Planet Earth is the rugged mountains of THE DOLOMITES: wonderful place located in Western Europe, full of magical legends, where the highest awareness opens to commune with the sublime spheres.

IT IS THE PLACE WHERE THE BEINGS FEEL IMMORTAL
AND THE GREATNESS OF THE UNIVERSE IS EXPERIENCED ON EARTH.

The Dolomites is a special space where the being reunites with its extraordinary abilities, to completely restructure the vision that has of itself, of the world and the universe that surrounds it.
The Mayan Solar Tradition, through greater awareness of its spiritual leader the Venerable Grandmother Nah Kin, has felt resonate that the Dolomites is the planetary space that better allows the expansion of consciousness for its exquisite atmosphere and extraordinary purity is capable of helping us to dissolve limiting barriers of the inferior mind: that one that is trapped within the lack, suffering or negativity.

In the exquisite atmosphere of powerful spiritual energy that breathes at the Dolomites, we will be able to break through the mental limitations of the past and rise in the subtle atmosphere of a superior mental state where we are able to recognize our extraordinary power as LIGHT BEINGS, beings that transcend time and space, as Creative Gods.

Among the green meadows and the calm waters of its lakes rise majestic and steep peaks that resemble the mind that rises toward the divine, when surrounded by an atmosphere of serenity, harmony and peace.

We will be celebrating the entrance of the Mayan New Year “11 MEN” starting from July 23 with teachings of the Venerable Grandmother Nah Kin to dissolve the limited mind and expand the superior mind through the creation of a unified brain.

On 24th and 25th we will be developing a full program with the Sacred Mayan knowledge that brings us the new glyph. Activations, healings, initiations and different practices will be offered. On July 26th, the day the Mayan New Year “11 MEN”, a powerful ceremony will be held in a magical place in the Dolomites.
 

*下記の太陽マヤ族のサイトにて、マヤ新年の詳細をご覧いただけます。(英語)
 → KINICH AHAU

 
■     ■     ■

 

〈太陽マヤ族が掲げる世界の聖なる山々〉
  

シャスタ(アメリカ)

シャスタ(アメリカ)

ポポカテペトル(メキシコ)

ポポカテペトル(メキシコ)

チンボラソ(エクアドル)

チンボラソ(エクアドル)

マチュピチュ(ペルー)

マチュピチュ(ペルー)

モンセラート(スペイン)

モンセラート(スペイン)

テイデ(カナリー諸島)

テイデ(カナリー諸島)

オリンポス(ギリシャ)

オリンポス(ギリシャ)

アララット(トルコ)

アララット(トルコ)

シナイ(エジプト)

シナイ(エジプト)

キリマンジャロ(タンザニア)

キリマンジャロ(タンザニア)

カイラス(チベット)

カイラス(チベット)

アンナプルナ(ネパール)

アンナプルナ(ネパール)

ウルル(オーストラリア)

ウルル(オーストラリア)

富士山

富士山

 
 
 

投稿日: 2015/06/18 | 投稿者: | 0件のコメント

コメントをどうぞ