最新ニュース

10月7日〜9日 希望の光プロジェクト第3弾「21世紀宇宙時代のクニツクリ」

木の花ファミリーの自然療法プログラム卒業生たちが企画する希望の光プロジェクト(通称きぼひか)のイベント第3弾!

「次世代のはたらく(傍楽)を創る」

〜 21世紀宇宙時代のクニツクリ 〜

スクリーンショット-2015-08-20-15.26.01-1038x576

希望の光プロジェクト第2回イベント「私たちみんなが希望の光 ~宇宙と友に生きる~」は、世界中どこを探してもない前代未聞の座談会となりました。宇宙視点から観た時代の流れを読み解く話や現代の社会問題、そして過去のすさまじい経験を乗り越えて今は生き生きと生きている企画者や現在行き詰まりを迎えている当事者たちの話など、宇宙から心の話まで語り尽くす活気のある楽しい場所となりました。

そんな希望の光プロジェクトが、第3回イベントを10月7日(水)〜9日(金)に開催します。タイトルは「次世代のはたらく(傍楽)を創る ~21世紀宇宙時代のクニツクリ〜」です。

※はたらく(傍楽):「はたらく」を「働く」と書くと「労働」を意味します。しかし、真の意味は「傍(はた・他者)を楽(らく)」にすることです。働くことはある意味生きることであり、生きるとは自分を超えたネットワークの中で役割を果たし、他者のため、世の中のために生きることです。
※クニツクリ:人は時代と共に成長しながら、その時代を創る役割を担うために生まれてきています。一人一人が自分自身の役割に目覚め思う存分心地の良い世界を創り、それが周りにとっても心地が良ければそのネットワークは連鎖して爆発的に広がり、新しいクニ(地球)を創っていきます。

(第3回イベント告知ムービー)

 
以下、第2回イベント参加者の感想と紹介
 
「地球の先駆けを生きていることを実感しました」

現在鍼灸師の学校に通っているじゅんぞう。大学の芸術学部卒業後に大手劇団で働いた後、東日本大震災をきっかけに人を癒す仕事がしたいと鍼灸師を志しました。その後、木の花ファミリーのEDE(Ecovillage Design Education)を受講した時に、大事なことは物理的に体を癒すことではなく「心」と向き合うということに気がつきました。それからじゅんぞうはどんどん爽やかな青年になり、更に今回のイベントに参加したことで自分自身がこれからの時代の希望の光であることを再認識したようです。

スクリーンショット 2015-08-20 10.10.54
 
「次に自分がどう進んで行けばいいか道を作ってくれた」

じゅんぞうと同様、2年半前に木の花ファミリーのEDE(Ecovillage Design Education)を受けた後料理人として居酒屋等で働き、再び木の花ファミリーに戻ってきたタッキー。将来の夢はレストランを開くことと思い描きつつも、現実の自分を知り「このままではいけない」ということで、病気ではないけれどより良い人生を歩むために今年7月木の花ファミリーの自然療法プログラムを1ヶ月に渡り受けました。プログラムを無事卒業後、これからの生き方を模索している中このイベントに参加し、次に進む道のヒントを得たようです。

DSC00348
 
「自分が変わることで、まわりの人も変わる」

今年大学を卒業し、新入社員として働き始めたロッキー。職場での人間関係等からパニック障害的な発作を起こして先月から仕事を休職し、現在木の花ファミリーで自然療法プログラムを受けています。プログラムが始まった当初、いつも頭を抱え眉間にシワを寄せてあちこちを歩き回り周囲を困惑させ、このイベントでも始めは難しい表情ばかりしていました。しかし、このイベントの中で「自分が変わることで、まわりの人も変わる」という気づきを得たことで表情が段々と和らいでいき、最後は笑顔で話ができるようになりました。今は職場復帰に向けて、規則正しい生活ができるように調整を行っています。

(イベント開始時のロッキー)
IMG_2398

(イベント終了時のロッキー)
IMG_2585
 
「宇宙視点というものが分かった」

現在木の花ファミリーで自然療法プログラムを受けているマサさん。昔は弁理士の仕事で事務所を開設していましたが、ある時に心を壊してしまい人と喋ることもほとんどなく心を完全に閉ざしてしまっていました。そんなマサさんが、アンケートに「宇宙視点というものが分かった」と書いてくれました。更に、イベント終了後マサさんは、心を開き始め日常生活でもみんなと色々な会話をし始めるようになりました。

CSC_0013
 
「自分が希望の光になる」ということをまず「決める」

現在木の花ファミリーで自然療法プログラムを受けているユッキー。人生がうまくいかないことを周りの環境のせいにし続けてきましたが、今回のイベントをきっかけに少しずつ変わり始めた様です。綺麗な字を書くユッキーの能力が、今後開花していくかもしれません。

スクリーンショット 2015-08-19 9.35.20
 
「私達みんな生まれ落ちた時から希望の光」

過去壮絶な人生を歩んで来たみきちゃん。みきちゃんの体験談を聞いたロッキーは「こんなに落ちるところまで落ちた人生を歩んでいる人達もいるんだ」という新たな価値観を得て「自分なんて大したことがない」と元気が出たとも言っていました。現在みきちゃんは、木の花ファミリーのメンバーのデザイン担当として日々生き生きと過ごしています。

DSCF2296
 
希望の光プロジェクト発起人のあわちゃんも3年前にうつ病と診断され仕事を休職していましたが、現在は仕事を辞めこのプロジェクトを推進していくまでに元気を取り戻しています。

(3年前休職中のあわちゃん)
スクリーンショット 2015-08-19 9.47.20

(前回のイベント時のあわちゃん)
DSCF2150
 
これからは誰もが主役の時代です。これまで自らの特性を発揮出来ずにいた人たちも、それを個性として存分に輝いていく時代はすでに訪れています。

今時代はより一層大きな変化のトキを迎えていますが、この社会には未だ老若男女を問わず、皆が生き生きと生きることができる場所が少ないと考えています。次回のイベントでは参加者の方々に新たな視点や気づきをもたらし健全に生きていくサポートをするだけではなく、理想の社会のありかたを参加者同志で語り合い、人それぞれの癖や過去の様々な体験・経験等全てを生かす「次世代のはたらき(傍楽)方」を探っていきます。

DSCF2440

DSCF2579
 
最後に、本イベント企画者の宇宙人あわりーぬから一言

IMG_3309
どーも!宇宙人のあわりーぬです。最近の地球や人類の状況を見ているといよいよ大変化のトキにさしかかってきたことを感じるね〜♪なんだかワクワクするね^^そんな中、日本という国で終戦70年安倍首相談話というものが発表されたようだけど、宇宙人の僕にはその内容を理解することがなかなか難しくてさ^^;

そう思っていたらなんと、宇宙からのメッセージ「地球談話 〜真の平和を地球にもたらすには〜 2015.8.15」というものが僕のiphoneのメールに送られてきて、中身を見てみたら宇宙人の僕もびっくり!なんうちゅうことだ!そりゃもう、ワクワクする面白いものだったからここにも紹介するね♪

これからの人類はやっぱりこんな広い視点が必要だよ〜!だから宇宙人の僕も、この談話を元に希望の光プロジェクトの企画をしていくよ〜♪

みんなで共に、21世紀宇宙時代のクニツクリをしていきましょ〜!いい共〜!!
  
「地球談話 ~真の平和を地球にもたらすには~」 2015.8.15

真の平和を地球にもたらすために、今わたしたちにできることは何でしょうか。それは広い世界観を持ち、個々の自我を超越することです。人間が自我の狭い枠に囚われている時、他者との違いによって他者に違和感を持つようになります。それが対立や争いの始まりです。しかし、わたしたちが存在しているこの世界は無限に広大な世界であり、そこは多様ないのちのネットワークで成り立っています。その調和のネットワークは、個を存在させるために全体があり、全体を存在させるために個がある相似形の仕組みによって成り立っているのです。

この世界の真実は、全てが一つということです。ですから、全てのものと自分自身との区別はないのです。このように人々の世界観が広がれば、平和な世界を創り上げようとしなくても、地球上に平和は自ずと訪れるものです。

日本の漢字に「働く」という文字があります。これは「労働」を意味します。しかし、真の意味は「傍(はた・他者)を楽(らく)」にすることです。働くことはある意味生きることですから、生きるとは自分を超えたネットワークの中で役割を果たし、他者のため、世の中のために生きることなのです。ですから、生きることは世界に平和をもたらすことになります。

ところが、今の世界は国なら国益、個人なら自身の利益を優先しているため、国家レベルの大きな戦争から個人レベルの小さな争いに至るまで、平和が保たれない状態になっているのです。それは人間の世界観が狭いことが原因です。対立や争いは、自我が優先された人間の姿勢から生まれてくるのです。

地球上の生命進化の歴史を観ると、過去6億年の間に6回大量絶滅が起きています。そしてその統計からすると、近い将来生命が絶滅する可能性があると言われています。過去から現在に至る地球生命の中で最も高い能力と大きな影響力を持つのが人間です。地球生命の頂点に立つ人間は、暴走することによって次の絶滅をもたらす可能性もあれば、絶滅の危機を超えてさらに進化した世界をもたらす可能性もあるのです。

21世紀に入り、わたしたちはいくつもの大いなる転換点を迎えています。太陽は天の川銀河を2億2600万年かけて1周し、その間に約9000回の螺旋を描きます。その1螺旋は25800年です。2012年12月21日、25800年ぶりの銀河の冬至を迎え、宇宙的には闇と争いの時代から光と調和の時代に入りました。さらに、冥王星は太陽のまわりを248年かけて1周します。2008年、冥王星の1周期を経て、ヨーロッパ産業革命以降250年間続いた西洋物質文明は終焉を迎えました。そして今、東洋精神文明が開花していく時代が始まったのです。

宇宙的には、すでに一人ひとりが目覚める段階に入っています。それゆえ、多くの人々は今までの価値観に疑問を感じ始めるようになり、新たな時代に向けての価値観が求められているのです。人類一人ひとりの精神革命が国を変え、そして世界を変えます。あなた自身が変わることが世界を変えることの始まりです。それは宇宙の意志であり、時代のサイクルの表れです。したがって、個人レベル・国家レベルそして地球規模で起きる全ての出来事も宇宙の意志であり、時代の流れの中にあるのです。そのように時代を読む捉え方は、わたしたちの個人的エゴからの解放と広い世界観を持つことによって可能となるのです。人類は肉体という物理的には小さな器の中にいたとしても、最終的には宇宙全てが自分自身であるという意識に到達することもできるのです。

21世紀中に人類はその意識レベルに到達することでしょう。それはこれからの1000年間で、物質的豊かさを追求する時代から、わたしたちの内面にある未開発の能力を開花させる時代へ移行していくということです。それを司るのがまだ使われていない人間の脳の90%です。わたしたちの内面に眠る未開発の能力が開花すれば、宇宙の意志・時代の流れを感受する直観が働き、地球にいながらにして宇宙を理解することが可能になるのです。そこでは宇宙を探査するテクノロジーの可能性は大いに広がることでしょう。新たな時代を生きるわたしたちは、近代的テクノロジーと物質的豊かさに加え、高い精神性とともに進化していくことができるのです。

21世紀はわたしたちが地球人として、さらに宇宙人としての意識を持ち、この世界に貢献していく時代の始まりです。今わたしたちは、次の地球生命の絶滅のきっかけをもたらすものになるのか、それとも新たな時代をもたらす存在となるのかの転換点を迎えています。そして、人類が次の時代が示す精神性を地球上に表現した時に、平和はもたらされることでしょう。

 

☆イベント概要☆

【開催日時】
集合:2015年10月7日(水)
11:05 JR身延線「西富士宮」駅 又は 10:51 富士急行「大石寺」バス停(送迎あり)
お車の方は11:30までに木の花ファミリーおひさまハウスひまわりへ直接お越し下さい。
(地図はこちら
解散:2015年10月9日(金) イベントは12:00に終了し、昼食後に解散(駅までの送迎あり)

【開催場所】
木の花ファミリー

【内容】(当日の様子にあわせた変更あり)
・参加者同士の座談会
・社会問題や、行き詰まりのメカニズムを紐解くプレゼンテーション
・自らの生かしどころを探るワークショップ等

【定員】
10名
*先着順です。お申し込みはお早めにどうぞ。

【対象】
・基本的に世の中の全ての方々

特に、
・日々を生き生きと生きていきたい
・世界を変えたい
・次世代のはたらき方を創っていきたい
・今の世の中をどこかおかしいと感じながら、どうすればよいかわからない
・ニートや引きこもりを経験している、もしくはしたが、どうにも立ちいかない
・鬱病等精神的に疲労し会社を休職している、もしくは休職していた
・近所付き合いや近親者、友人・同僚等との人間関係に悩んでいる
・自己啓発やスピリチュアル系のセミナーに参加し尽くしたが、結局先が見えない
・既存の枠組みやシステムに翻弄されずに自立して生きていきたい
・新しい生き方を模索しているが、どれもピンとこない
・自分はほんとは宇宙人だと思っている
という想い持っているみなさま。

【参加費】
16,200円
*参加費には2泊3日の宿泊やお食事、保険代、消費税を含みます。
*宿泊しない場合の参加費は、7,500円です。(ご昼食3食付き、ご夕食別途)

【スケジュール】(当日の様子にあわせた変更あり)
・1日目
—12:00-14:00:お食事
—14:00-17:00:企画者と参加者の自己紹介
—17:00-18:30:入浴・フリータイム
—18:30-19:15:お食事
—以降:フリータイム

・2日目
—8:30-12:00:座談会・ワークショップ等
—12:00-14:00:お食事
—14:00-17:00:座談会・ワークショップ等
—17:00-18:30:入浴・フリータイム
—18:30-19:15:お食事
—以降:フリータイム

・3日目
—8:30-12:00:この3日間の感想等を皆で共有
—12:00-14:00:お食事

*初めてお越しの方には、ご希望があれば夕食後にウェルカムコンサートを開催いたします。

【備考】
(宿泊施設について)
・お部屋は同性の方との相部屋になります。
・施設内は、禁酒・禁煙です。ご了承ください。喫煙は屋外でお願いしています。
IMG_4809

(浴場について)
・男女別の大風呂での共同入浴となります。
・石鹸、クエン酸リンス、バスタオルなどは備え付けのものをお使い頂けます。
・洗面用具等、使い捨ての用品は用意しておりませんので、必要な用具等はご持参ください。
(お食事について)
・お食事は採れたての旬の素材を中心に、一部の調味料を除くほぼすべての食材が無農薬で自家栽培したものです。ビュッフェ形式でのご提供となります。お肉やお魚は一切使用していません。
20121123115303
▶︎お食事についての説明ページへのリンク

(写真撮影について)
・希望の光プロジェクトでは、そこから生まれる智恵や経験を広く世の中に共有することを大切にしています。受講の様子を、写真や動画を含めインターネットなどで発信していきますので、撮影不可の方は事前にお申し出ください。

【お申し込み】
お申込みフォームはこちら

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人ぐりーんぐらす
〒419-0302 静岡県富士宮市猫沢238-1 おひさまハウスひまわり
TEL:0544-(67)-0485 FAX:0544-(66)-0810
E-mail:info@npo-greengrass.org 担当:古橋/粟田(あわだ)

スクリーンショット 2015-05-07 15.22.27

【本イベント企画者紹介ページリンク】

【希望の光プロジェクトfacebookページリンク】

 

 

投稿日: 2015/08/25 | 投稿者: | 0件のコメント

コメントをどうぞ