最新ニュース

2018年1月27日 嬉し楽しの地球のお祭り「富士浅間木の花祭り」開催!

生まれ清まり舞い踊る
うれしたのしの地球のお祭り
2018年1月27日(土)開催!

2018年花祭りチラシHP用(表)

おかめ のコピー

富士浅間木の花祭りは、愛知県奥三河地方の東栄町で700年以上続いていると云われる国の重要無形民俗文化財、花祭(はなまつり)を富士の地で継承し、新たな時代の幕開けを祝って、うれしうれし、たのしたのしと丸一日舞い踊る地球のお祭りです。皆さんもぜひ一緒に歌い舞い踊り、調和の響きを地球いっぱいに広げましょう!

富士浅間木の花祭りって?

12661888_1018147251574877_3855114530978399544_n12647499_1018059434916992_1839213907610546735_n
160130-205813160130-193411

皆さまの地域のご清水を
  ぜひお送りください

湯ばやし

湯ばやし

富士浅間木の花祭りでは、祭場の中央にある釜戸の中で世界各地から届けられたご清水がひとつに融合します。その周りを人々が丸一日舞い踊ることで人々の心もまたひとつに溶け合い、祭りのクライマックスである「湯ばやし」の舞では、舞い手も観客も渾然一体となりながら、釜戸の火で焚かれた湯を一斉に浴びて新たな自分へと生まれ変わります。そして祭り終了後、ひとつに融合した水の一部は川へと注がれ、再び地球を巡っていくのです。
2017年富士浅間木の花祭りでは、この祭りの趣旨に共鳴される日本全国及び世界各地の方々より、89か所のご清水が届けられました。2018年木の花祭りに向けても、すでに多くの方々からご清水が届けられています。皆さまの地域からも、ぜひご清水をお送りください。混迷する今の時代だからこそ、どうぞ一緒に、調和の響きを世界中に向けて発信していきましょう!

送り先 *1月25日(木)までに届くようお願い致します
〒419-0302 静岡県富士宮市猫沢238-1 おひさまハウスひまわり
木の花ファミリー 古橋 道代 宛
電話:0544-66-0250

■ 神社仏閣やパワースポット、滝、湧水など、皆さまが「これは!」と感じられる場所のご清水をお送りください。
■ 量は50mlほどあれば十分です。ペットボトルなど、しっかりとフタの閉まる容器に入れて、どこのお水かをご明記ください。当日会場に貼り出される地図に掲載させていただきます。
■ ご清水をお送り頂いた方には、折り返し記念品を発送させていただきます。

祭りの様子を動画にてご紹介しています
なぜこの祭りをするのかを、メンバーたちの日常の姿と共にご紹介します。木の花祭りには様々な鬼が登場しますが、「鬼は怖く見えるけれど本当はやさしい」と鬼の本質を語る幼い子どもたちにもご注目ください!

*画面右下の「全画面」マークをクリックすると、拡大してご覧頂けます (^_^)

 

ゆりか式次第(プログラム)

 

【 神 事 】 午前7時半より

釜祓い
祭場の中心にある釜戸を祓い清め、日本全国及び世界中から届けられた清水が融合します。

世界中の水が一つに融合した釜

世界中の水が一つに融合した釜

 

湯立て
釜戸に火を入れ、聖なる湯を沸かし、神寄せ、祓いをして諸神に献じます。釜から立ち昇る蒸気に神仏が宿り、祭事を始めるための場が整います。

湯立て

湯立て

 

【 祭 事 】 午前8時頃より

楽の舞
神事を司る花太夫(はなだゆう)が、祭事の要となる太鼓の撥(ばち)を手にして舞い、撥に神々様にお入りいただきます。

 

地固め ー 幣・剣・扇
祭事は、地を踏みしめて地中深くに眠る生命力を呼び覚ます「地固め」の舞から始まります。地固めは、女性二人による「幣(へい)」、男性二人による「剣」、男女二人の陰陽で舞う「扇」の三つがあります。

地固め - 剣

地固め – 剣

 

山見鬼
花祭には様々な鬼が登場します!鬼は昔から恐ろしいものとされていますが、実は人々の中にある悪い心を正してくれる有り難い存在なのです。まずは山見鬼が登場し、山を割って浄土を開きます。

山見鬼

山見鬼

 

花の舞 ー ちゃつ・扇・矢剣(やち)
別名「稚児の舞」とも言われる、小さな子どもたちによる舞です。「ちゃつ」「扇」「矢剣(やち)」の三つの採り物があります。一生けんめい踊る子どもたちの愛らしい姿にどうぞご注目ください!

花の舞 - ちゃつ

花の舞 – ちゃつ

花の舞 - 矢剣(やち)

花の舞 – 矢剣(やち)

 

榊鬼 午後12時半頃
大地に新たな生命力を吹き込み、活力をもたらす、鬼の総大将です。荘厳な笛の音と共に現れ、やがて激しく舞い踊ります。途中、人間である翁と問答を行います。

榊鬼と翁の問答

榊鬼と翁の問答

 

四ツ舞 ー 矢剣
★2018年より新たに登場する少女4人による舞です。数ある舞の中でも最も難易度が高く体力を必要とする四ツ舞を、4人の少女たちが舞います!

 

三ツ舞 ー 扇・矢剣・剣
それぞれ少女、少年、成人男性が三人で舞います。「扇」「矢剣(やち)」「剣」の三つの採り物があります。

三ツ舞 - 扇

三ツ舞 – 扇

 

女郎ばやし 午後4時半頃
おかめやひょっとこがやって来て、観客の顔に味噌やご飯粒をすりつけてまわります。縁起物ですので、ぜひ積極的にぬられましょう。これより午後8時頃の「湯ばやし」にかけて、祭りの盛り上がりは最高潮に達します!

ご飯粒をぬってまわるおかめ

ご飯粒をぬってまわるおかめ

 

巫女舞
場が賑やかになったことで天の岩戸が開き、巫女が姿を現します。

巫女

巫女

 

金神の舞
はるか昔に封印された地球創造の神・国之常立大神(くにのとこたちのおおかみ)が、光り輝く艮の金神(うしとらのこんじん)として登場し、地球の新たな時代の幕開けを告げ、人々と共に盛大に舞い踊ります。

艮の金神

艮の金神

老若男女が共に舞います

老若男女が共に舞います!

*富士浅間木の花祭りに艮の金神が登場するまでの物語を、下記にてご覧いただけます。
『木の花記〜金神様の巻〜』

 

四ツ舞 ー 扇
最も難易度が高く時間も長い、祭りのハイライトともいうべき男性四人の迫力ある舞です。

四ツ舞

四ツ舞

 

茂吉鬼
槌を担いだ茂吉鬼が登場し、舞庭の天井から吊るされた湯蓋の中の、“お宝”が詰まった「蜂の巣」を払い落とします。散らばったお宝を拾い集める、子どもたちにとっても楽しみな演目です。

茂吉鬼

茂吉鬼

 

湯ばやし
男性4人が湯だわしを持って釜の周りを長時間踊り続け、祭りの盛り上がりが最高潮に達したところで釜の中の湯を一斉に振りまきます。世界中の水が融合した清めの湯を浴びて、皆で生まれ変わりましょう!

湯ばやし

湯ばやし

場内は大騒ぎ!

場内は大騒ぎ!

 

獅子の舞
湯ばやしにて清められた舞庭を獅子が舞い、祭事を締めくくります。

獅子の舞

獅子の舞

 

【 神 事 】 午後9時頃

ひいなおろし

ひいなおろし

ひいなおろし
舞庭の天井に吊るされた「びゃっけ」を降ろします。これより、祭場に招き入れた神仏を送りかえす儀式が始まります。

外道がり
花太夫が、祭場の注連縄を切ります。

神返し
勧請した神仏を送り返します。

 

 

みんなで歌い、舞い踊ろう!

この祭りの醍醐味は、何と言っても見るだけではなく参加すること。参加者の皆さん一人ひとりが、祭りの主役なのです。

あすか のコピー歌う
140201-094757舞は全て太鼓と笛の音によって進行し、面をつけない舞には歌ぐらが歌われます。歌ぐらは五・七・五・七・七調で上の句と下の句に分かれており、観客も一緒に歌うことで祭場全体に立体的な楽曲が響き渡ります。歌詞をお配りしますので、ぜひ一緒に歌ってみてください!また「テホトヘトホヘ」など独特の掛け声も祭りを大きく盛り上げます。

すま のコピー踊る
140201-165112花祭は、人と神仏の盛大な交遊による“生まれ清まり”の祭りです。神仏の依代となった舞手たちと一緒に舞い踊ることで、人々は穢れを祓い清められ、新しい自分へと生まれ変わります。祭場を囲む観客は「セイト衆」と呼ばれ、舞手と共に祭りの主役となる存在であり、皆で同じ所作を繰り返し繰り返し舞うことで場全体に大きなうねりが生まれます。初めての方でも大丈夫!復活した地球神と共に、調和の響きを響かせてうれしたのしと舞い踊り、地球の生まれ変わりを盛大に祝いましょう!

食べる
131020-122501木の花の祭りの定番!五平もちや、ここでしか味わえない鬼の清めまんじゅうを始め、炊き込みご飯、だんご汁、おぜんざいなど、シンプルでおいしい食事を屋外の売店(午前10時から午後4時まで)にてご用意しています。味噌汁

 

 

 

タイトル

【日時】2018年1月27日(土) 午前7時半〜午後9時頃まで
【会場】木の花ファミリー「おひさまハウスひまわり」
【主催】NPO法人ぐりーんぐらす
【お問合せ】
NPO法人ぐりーんぐらす 電話:0544-67-0485 メール:info@npo-greengrass.org
木の花ファミリー 電話:0544-66-0250 メール:booking@konohana-family.org

 

花見舞(寄付金)のお願い
木の花祭り運営のため、ご来場いただいた方にはお一人様千円以上のご厚志をお願いしております。お寄せいただいた花見舞は、開催経費や道具の維持に使わせていただきます。花見舞をお寄せいただいた方には、粗品又はお食事券を贈呈させていただきます。

 

皆さまのご来場をお待ちしております!

 

投稿日: 2017/11/22 | 投稿者: | 0件のコメント

コメントをどうぞ